湘南ゆるゆるトネリコじかん

yaedono927.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ヴェーダーンタ( 3 )

明日は新月です ~ ヴェーダーンタ~

6月12日(土)は新月ですネ。

願いごと、書いてみよう、と思います。
  でも、山のような煩悩・・・ああ、なりたい、こうなりたい、これもあれも、それもお願いっ!

という自分から、最近は

  
       これでいいのだ

という思いに いきつくことが増えてきました。( といっても、そうじゃない、自分も居ますケド・・・(^^;))

酸いも甘いも 楽しく味わおうじゃないか、っていう自分がそこにいる。
ただただ、そんな自分であるとき、いろんなシンクロや、え?ラッキー072.gif
わぁーい、幸せ、と感じることが ここのところ、起こります。


手術をしたり、膝が痛くて 自由に踊れないでいる自分も、
周りの出来事に戸惑う自分も、
怪我と術後以降、 ヨーガ(アーサナ)が  ままならない自分も、

ちょっと 目先を変えると・・・
 =そう、静かに目を閉じてみると。


そういう状況にしかない、氣づき、学び、楽しみ方があるんだな。
今はそんな自分を 味わおう。


という静かで穏やかな、自分がいることに氣づきます。

そう、すべては最善で起こっていること072.gif、なのだと。

「修行体質」なんて、自他共に口にしている(いた)けど、
人生そのものが 修行の場だと思えば、みーんなが ある意味 修行しているんですょね。
※注:ここで言う「修行」とは 「苦しいこと」 という定義をしているのではありませぬ。
それぞれシチュエーションは ホントに! 違うけど。
だから、おもしろい。(いや、おもしろい とまで言うのは不謹慎かな。)


--------------------------------------------------------------
 - ヴェーダーンタのたとえ話から -
昔、目のよく見えない老婆がいました。
その老婆は家の中で、針仕事をしていたのですが、
ふとした拍子に針を落としてしまい、見失いました。

老婆は針を探すも、なかなか見つかりません。
しだいに太陽が沈み、あたりは暗くなりました。
電球のない老婆の家は窓からの太陽の光が、わずかな光。

しかたなく、老婆はおもてに出て、電灯で照らされた道を探し始めます。

 『おばあさん、何をお探しですか?』

通りがかった僧が訪ねます。

 『わたしの針を探しているんです。』
 
 『どこで失くしたの?』

 『自分の家で、針仕事をしていて、見失いました。』

 『じゃ、その針は家にあるんじゃないのですか。』

 『はい、でも、家は真っ暗闇で何もみえません。
  だから、明るい電灯のある外に出て、私の針を探しているのです。』

--------------------------------------------------------------
一読して 「?」 と思うようなストーリーですが、
よくよく読むと・・・。

現代人の、ちゃんと電球がある家、いや、「ある」どころか、その電球が
LEDだったり、白色灯だったり、オフホワイトの明かりだったり、と そんな家に いながらにして、

   (でも、やっぱり家の中は暗くてよく見えないから・・・)

と、おもてに出て、それぞれの「(= 探しモノ)」を探しに・・・


  「 探しモノは何ですか 」(・・・と自分にも問いかける、のデシタ)


           - Om tat sat -
[PR]
by merosan_tonerico | 2010-06-11 22:32 | ヴェーダーンタ

ヴェーダーンタキャンプ@東京

4月15日(木)~18日(日)
東京・常圓寺にて ヴェーダーンタキャンプが開催されます。

 ・・・って、もう、あさっての話なんですが (^^;)]・・・

スワミ ダヤーナンダサラスヴァテイが昨年に続いて日本を訪問中、
今は広島キャンプでの講義を毎日アクティブになさっています(本日最終日です)

今回は
 『バガヴァットギーター』
「神(イーシュワラ、バガヴァーン、宇宙、偉大なるモノ )の詩」バガヴァットギーター。

それは、インドの2代叙事詩 の一つであり、10万詩を超える詩篇で綴られた壮大な戦記
『マハーバーラタ』 全18巻の第6巻目にあります。

 
『バガヴァットギータ』は700詩という短い詩篇で構成されていますが
作者(聖者ヴィヤーサ)がもっとも伝えたかったこと、としてまとめられているそうです。


自分(自身)とは何者か?を知るために、ヴェーダーンタという「知識体」がある、といいます。
今回、お伝えするのが少々遅くなりましたが、興味のある方は
こちらをご覧ください。

  →  http://vedanta.exblog.jp/10741827

    
                           Hari om tat sat
[PR]
by merosan_tonerico | 2010-04-13 08:55 | ヴェーダーンタ

昨夜の新月☆彡 キャンドルナイトヨガ@トネリコ

新月パワー、でしょうかー。
トネリコ キャンドルナイト072.gif

『いつもより、たっぷりめに汗かいた~。』
『ふにゃ~ぁ、と自分で座ってられないくらい余分なモノがカラダから抜けたぁー』

などなど018.gif
終わった後、爽快感で空間が満たされていました056.gif

クラススタートの前に 『 新月の願い事 』の話から、
「願うこと」「祈ること」・・・「バクティヨーガ」へと話は進み・・・
ヴェーダ・ヴェーダンタが教える 「カルマの法則」 の中でも「祈ること」の大切さ、
そして「祈ること」は確実に宇宙に届くのだそうですょ、という智慧のお話になりました。

ふむふむ。
そして よくよく考えれば、昨日トネリコにいらしていた人のうち、二人の人が
4月のスワミダヤーナンダサワスワティ師のヴェーダーンタのレクチャーや
チェータナ先生による1月に催された『お寺でヨガとヴェーダーンタ』 にて
ヴェーダーンタのお話を少しでも聞いたことがあるお二人…なのでした。


ヨガして デトックス=浄化して
祈りをささげて 感謝を捧げて

ゆるゆるトネリコじかん・・・
ヨーガのあとは、みんな、よりいっそう優しいお顔をしていました053.gif
(いつも感じることですがヨーガの後、みなさん優しい顔になります。これは万国共通どのヨーガでも、だと思います)
a0137279_9491013.jpg

肉体のある自分にできること = おこない(「意識」は肉体をもつ時のみ「行い」ができる)
心や体がハッピーになる事 = 意識的に行う日常の中でのポジティブな行為の積み重ね

それらが果たされた時、魂もよろこぶのかなー、と感じた夜でした。

見える宇宙の後ろにある宇宙のお話。 
見える私の後ろにある私のお話。


やっぱりヴェーダーンタ、理にかなった知識体だと思います。

ヨーガは深い。(って 言うまでもないです、笑)
少しずつ、少しずつ。。。

    
              072.gifOm tat sat072.gif
[PR]
by merosan_tonerico | 2009-08-21 09:57 | ヴェーダーンタ
line

日々是好日。湘南でヨガ、波乗り(ロング)やってます。音、色、癒やしのワーク、あれこれ。


by merosan_tonerico
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30